医療機関について

ダウン症の子どもは、心疾患や消化器の奇形などの合併症を持っていることがあります。しかし、外科的治療を受けて、元気に育っている子どもはたくさんいます。
また、発達はゆっくりとしていますが、生まれて聞もない時期から、多くの刺激を与えることで、その遅れを軽減することができます。あなたのお気持ちに余裕ができたら、療育の専門機関などで、アドバイスを受けることをお勧めします。まずは、主治医の先生に相談してみましょう。